あすと設計は「自然素材」をつかった木の家づくりを得意とした建築設計事務所です。
日本には四季があり、私たち日本人はその四季折々の変化を楽しみ、生活を共にしてきました。その四季の中でも高温多湿の夏を少しでも快適に過ごせるよう、日本の住まいは風通しを一番に考えた「夏を旨」とした造りがなされてきました。しかし、近年では「高気密・高断熱」を重視し過ぎた為か、夏より「冬を旨」とした家づくりがなされているように感じます。確かに気密性や断熱性は現代の家づくりにとって大切な要素です。だからと言って、「エアコン一台で快適」に過ごせる、まるで自然を隔離したような家づくりには、やはり違和感を感じます。あすと設計では、気密性・断熱性も考えながら、日本人が長年養ってきた家づくりの知恵と工夫を取り入れ、自然の光と風の心地良さを感じられる、そんな日本の家づくりを目指したいと考えています。